フォルクスワーゲン ゴルフをとにかく安く買う方法とは?〇〇を使った交渉術を公開!

◆最新!値引き情報 ゴルフ編 ( 版)

フォルクスワーゲン ゴルフをとにかく安く買う方法とは?〇〇を使った交渉術を公開!

引用:wikipedia

 

ドイツのフォルクスワーゲン社が製造し、販売するゴルフは世界でトップクラスの安全性能を装備している車です。

 

安定した高速走行で、長距離・長時間の走行を楽しむことが可能です。

 

 

◆各種グレード・標準装備の一覧

 

☆グレード☆

  • TSI トレンドライン  ¥2,499,000
  • TSI コンフォートライン  ¥2,809,000
  • TSI コンフォートライン コネクト  ¥3,060,000
  • TSI ハイライン  ¥3,289,000
  • TSI ハイライン コネクト  ¥3,469,000
  • GTI  ¥3,999,000
  • GTI(6MT) ¥3,899,000
  • R  ¥5,499,000
  • R(6MT) ¥5,399,000

 

 

☆標準装備☆

 

『TSI トレンドライン』 
マニュアルエアコン・自動ブレーキ・革使用ステアリング

 

『TSI コンフォートライン』 
オートエアコン・自動ブレーキ・レーンキープアシスト・革使用ステアリング・16インチアルミホイール

 

『TSI コンフォートライン コネクト』 
オートエアコン・自動ブレーキ・レーンキープアシスト・バイキセノンヘッドライト・革使用ステアリング・17インチアルミホイール・SSDナビゲーションシステム

 

『TSI ハイライン』 
オートエアコン・自動ブレーキ・レーンキープアシスト・バイキセノンヘッドライト・革使用ステアリング・17インチアルミホイール・スポーツシート

 

『TSI ハイライン コネクト』 
オートエアコン・自動ブレーキ・レーンキープアシスト・バイキセノンヘッドライト・革使用ステアリング・17インチアルミホイール・SSDナビゲーションシステム・スポーツシート

 

 

『GTI』『GTI(6MT)』 
オートエアコン・自動ブレーキ・レーンキープアシスト・バイキセノンヘッドライト・GTI専用革使用ステアリング・17インチアルミホイール・GTI専用エクステリア・GTI専用スポーツサスペンション

 

 

『R』『R(6MT)』 
オートエアコン・自動ブレーキ・レーンキープアシスト・バイキセノンヘッドライト・R専用革使用ステアリング・18インチアルミホイール・SSDナビゲーションシステム・レザーシート・R専用エクステリア・R専用スポーツサスペンション

 

 

◆ゴルフ値引き交渉の際に、目標にすると良い金額は? (更新)

 

目標となる金額 【¥400,000】

 

※車両本体価格のみ(オプションなし)の金額
※当サイトが独自の調査をした結果により算出(決算期などの特別割引は含まれていない)

 

都会のほうが値引き金額がいいというなどの地域差による金額差は無かったため、どこの地域の方も目標となる金額を目安に交渉をするといいでしょう。

 

値引き交渉を上手く進めるためには、ライバルとされる車種と価格の競争をさせるのが有効です。

 

ライバル車種として、参考にすると良いのは

 

☆ボルボのV40
☆BMWの1シリーズ
☆メルセデスベンツのAクラス・Bクラス

 

いずれかの見積もりを取った後にゴルフの交渉に行きましょう。

 

 

◆ゴルフ購入者の例をご覧ください

 

■37歳男性 千葉県 (2016/10契約)

 

車両本体価格 ⇒ GTI  ¥3,999,000
オプション ⇒  ¥430,000

 

車両本体価格の値引き額 ⇒  ¥400,000
オプションの値引き額 ⇒  ¥100,000
下取りの金額 ⇒ 2011年型 オーリス  ¥350,000

 

合計の金額 ⇒  ¥3,840,660(諸経費込み)

 

 

■43歳男性 和歌山県 (2016/8契約)

 

車両本体価格 ⇒ TSI ハイライン  ¥3,289,000
オプション ⇒  ¥130,000

 

車両本体価格の値引き額 ⇒  ¥350,000
オプションの値引き額 ⇒  ¥0
下取りの金額 ⇒ 2012年型 ビートル  ¥850,000

 

合計の金額 ⇒  ¥2,386,640(諸経費込み)

 

 

◆ポイントを知れば、もっと値引きが期待できるかも

 

 

さっきの購入者の方々ですが、上手く値引きが出来たように見えて実は損をしてるとしたら、どう思いますか?

 

まだ安く買える方法があるんですが、そのポイントが【下取りの金額】なんです。

 

この購入者の例の下取りの金額では、¥200,000くらい損をしているんです。

 

残念ですが、中古車専門の業者の査定金額より安く査定されています。

 

「担当の営業の人が多く値引きをしたと思って、その分を下取りの金額で調整したからじゃないの?」と思いますか?

 

実は、ディーラーの下取り金額が安くなってしまうのにはそれなりの理由があるのです。

 

次のページで「ディーラーの下取りが安い理由」と「下取りの金額を上げる方法」を解説しています。

 

→下取りの金額を引き上げ、新しい車をもっと安く購入する方法はこちら

 

 

関連ページ

ポロ