【スペイドの値引き額アップ法】大幅値引きの秘密は○○にあった!

◆スペイドの最新値引き情報【最終更新・

【スペイドの値引き額アップ法】大幅値引きの秘密は○○にあった!

引用:wikipedia

 

スペイドはトヨタカローラ店、ネッツ店で販売されるトールワゴンです。

 

市場に登場したのは2012年7月。

 

このタイミングにあわせて同社・ポルテもフルモデルチェンジが行われており、性能がよく似たスペイドとポルテは兄弟的な関係といえます。

 

ワイヤレスで開閉できる電動スライドドアに加え、室内空間はフラットな仕様。世代を問わず、幅広い用途で活躍してくれる人気モデルです。

 

 

◆トヨタ・スペイド、それぞれのグレードと装備

 

・グレード

  • 《X》 1,777,680円
  • 《F》 1,828,440円
  • 《Y》 1,839,240円
  • 《G》 1,926,720円

 

 

・装備
《X》
(マニュアルエアコン、UVカット機能付きフロントドアガラス、衝突回避支援パッケージ)

 

《F》
(マニュアルエアコン、UVカット機能付きフロントドアガラス、撥水機能付きシート、衝突回避支援パッケージ)

 

《Y》
(マニュアルエアコン、UVカット機能付きフロントドアガラス、ベンチ型シート、衝突回避支援パッケージ)

 

《G》
(オートエアコン、スーパーUVカット機能&IRカット機能付きフロントドアガラス、シートヒーター、衝突回避支援パッケージ、レザー巻きステアリング)

 

 

◆トヨタ・スペイドの購入時に可能な値引き額【最終更新・

 

スペイドを購入する際、可能な値引き額・・・15万円

 

※オプションを付けないクルマ本体だけ購入した場合の値です
※当サイトで実施した独自調査をもとに算出しています
※決算セール、処分品、訳あり品などは対象外としました

 

 

スペイドは店舗により値引き額に差があり、最少では0円でしたが、最大では25万円の値引きを提示してくれる店舗もありました。

 

値引きに関しては、都心部・地方で差が生じることはないようです。

 

お住いの地域に関係なく、上記の値となるように交渉を進めていきましょう。

 

ちなみに、オプションを追加すると、さらなる値引き額を引き出しやすくなるので検討しておくと良いと思います。

 

 

メインの値引き交渉は、スペイドと同じタイプの車種とを競合させていく方法が無難です。

 

たとえば・・・

 

ソリオ(スズキ)
タント(ダイハツ)
フリード(ホンダ)
ポルテ(トヨタ)※販売はトヨタ店、トヨペット店

 

このような同じ系統のクルマの中で、もっとも交渉に適しているのは同社製造の「ポルテ」です。

 

性能がよく似ている兄弟的な車で比較が難しく、価格のみ差があるからです。

 

先にポルテの見積もりを用意しておき、スペイドの販売員との交渉に活用しましょう。

 

 

◆トヨタ・スペイド、最近の購入例

 

例1
住所・滋賀県
性別・女性(36歳)
契約・2016年6月

 

グレード(G)本体価格:1,926,720円
オプション品:200,000円

 

本体に対する値引き:150,000円
オプションの値引き:100,000円
「bB」2010年製造を下取り:200,000円

 

諸経費込み価格:1,754,760円

 

 

例2
住所・東京都
性別・男性(37歳)
契約・2016年10月

 

グレード(F)本体価格:1,828,440円
オプション品:110,000円

 

本体に対する値引き:200,000円
オプションの値引き:50,000円
「フィット」2011年製造を下取り:300,000円

 

諸経費込み価格:1,466,480円

 

 

◆値引き額は充分・・・しかし、契約前は「アレ」を確認しよう

 

 

最近契約した人の例を2つ紹介しましたが、いずれもまずまずの値引き額を得られています。

 

しかし、トータルで見ると、スペイドをもっと安く買えるチャンスを逃している残念な取り引きにも見えます。

 

値引きは充分であっても、別の箇所に問題がありました。

 

それは、「下取り」です。

 

2つの契約ではディーラーにて下取りを行っていますが、いずれのケースも現在の買取り査定価値より低い価格を付けられています。

 

金額でみると、10~20万円もマイナスという結果に。

 

どうしてこのような事態になってしまったのでしょうか?

 

例に挙げた2つの査定額が低くなったのは、「下取り車のコンディション」または「交渉時に下取り額で調整された」ことが原因であった可能性もあります。

 

が、それ以前に、“ディーラーに依頼する下取りは査定額がどうしても安くなる理由” があることが問題なのです。

 

でも、何も悩む必要はありません。解決方法は存在します。

 

ディーラーでの下取りが低くなる理由、そして下取り額を増やすためのヒントを下記のリンク先で紹介しています。

 

お得にスペイドを購入するためにも、この機会に目を通してみてください。

 

→ トヨタ・スペイドの値引き額をできるだけアップさせたい方はこちら