ポルテの大幅値引きを引き出す!値引きの秘密は〇〇にアリ!

◆ポルテの値引き情報【 /最新版】

ポルテの大幅値引きを引き出す!値引きの秘密は〇〇にアリ!

引用:wikipedia

 

「ポルテ」は、トヨタ自動車が製造、販売している、ファミリー層を中心に支持されるトールワゴンです。

 

助手席側スライドドアは大きく開き、低いフロアは乗り降りしやすく、利便性に優れた内容に仕上がっています。

 

 

◆ポルテのグレート別価格と装備品

 

・グレード

  • 【X】 1,777,680円
  • 【Y】 1,839,240円
  • 【F】 1,828,440円
  • 【G】 1,926,720円

 

・装備
【X】
エアコン(マニュアル)

 

【Y】
エアコン(マニュアル)、フロントベンチ型シート、

 

【F】
エアコン(マニュアル)、フロントセパレート型シート(はっ水仕様)

 

【G】
エアコン(オート)、フロントセパレート型シート(シートヒーター機能付き)、スーパーUV遮断&IR遮断ガラス、本革カバーステアリング

 

 

◆ポルテで可能な値引き額はいくら?【 /最新版】

 

ポルテで可能な値引き額は・・・20万円

 

備考
※クルマ本体のみ & オプション無しでの値です
※弊サイトによる独自リサーチ結果をもとに算出しています(決算セール、訳あり処分品など特価品は除く)

 

ポルテの値引きでは、ディーラーの地域差が影響することはありませんでした。

 

都市部、地方とのあいだで有利・不利とはならないので、あなたのお住いの地域に関係なく上記値引き額を目指してみてください。

 

 

ポルテの値引き交渉では、同タイプのライバルカーとの価格比較をしながら進めていくのが最良な方法といえます。

 

同タイプのクルマの例を挙げると・・・

 

スズキ・ソリオ
ニッサン・キューブ
トヨタ・スペイド

 

上記のクルマの中でも、競合にもっともオススメなのはトヨタの「スペイド」です。ポルテと性能が似通った兄弟的な関係なため、価格での比較がとてもしやすいためです。

 

最寄りに「カローラ店・ネッツ店」があるなら、スペイドの見積もりを手に入れて、ポルテの値引き交渉時に活用してみてください。

 

そうすることで効率的に値引きが得られるはずです。

 

 

◆ポルテを実際に購入された方の例

 

例(1)福島県でGグレードを購入

 

契約者・男性(33歳)
契約時期・2016年10月

 

グレード(G)本体:1,926,720円
オプション:320,000円

 

車両本体の値引き額:200,000円
オプション値引き額:100,000円

 

下取り額(スズキ・ワゴンR 2009年製造):120,000円

 

総額:1,978,017円
※諸経費込み

 

 

例(2)愛知県でFグレードを購入

 

契約者・男性(36歳)
契約時期・2016年9月

 

グレード(F)本体:1,828,440円
オプション:100,000円

 

車両本体の値引き額:200,000円
オプション値引き額:0円

 

下取り額(トヨタ・ポルテ 2009年製造):100,000円

 

総額:1,778,737円
※諸経費込み

 

 

 

◆値引き額だけでは損!? 契約の際にチェックするべき点がある!

 

 

実際の契約を2例紹介していますが、どうでしょう?

 

値引き交渉はうまくいったように見えますし、契約者もおそらく満足しているとは思います。

 

でも、この2つの契約はどちらも「さらに安く買えるチャンス」を逃した残念な例なのです。

 

どのあたりに問題があったのか、あなたは理解できますか?

 

改めて「下取り額」をチェックしてみましょう。

 

それぞれのクルマの価値を知っている人には違和感があったかもしれませんね。

 

どちらの「下取り」も新車を購入したディーラーにて行っていますが、この価格が低いのです。

 

なんと、中古車買い取り専門業者による査定よりも10万円ほど安い、という結果に・・・。

 

「ディーラー側は、値引きを多くしたように見せて契約を促したのでは?」と疑ったかもしれませんが、問題は別にあります。

 

それは、ディーラーによる下取りは、どうしても査定額が安くなる理由があるためです。

 

しかし、どうせ新車を購入するのなら、安く手に入れたいものです。下取り額が低くなるのを私たちは諦めるしかないのでしょうか?

 

いいえ、諦めなくても大丈夫。解決法は存在します。

 

下のリンクでは、ディーラーでの下取りがどうしても安くなってしまう理由、そして下取り額をアップさせるためのコツを解説しています。

 

この機会に目を通しておきましょう。

 

→ トヨタ・ポルテの新車をさらに安く入手する方法とは?