ピクシスメガを大幅値引き!〇〇を使った大幅値引き術を公開!

◆ピクシスメガ、新車契約時の値引き状況について【最新版/

ピクシスメガを大幅値引き!〇〇を使った大幅値引き術を公開!

引用:wikipedia

 

「ピクシスメガ」は、トヨタが販売している軽自動車・トールワゴンです。OEM製品として、製造はダイハツが担当しています。

 

ピクシスシリーズは、「ペース」「エポック」「バン」が過去に販売されていて、最新モデルにあたる「ピクシスメガ」は、2015年の7月以降に登場しました。

 

 

◆ピクシスメガ、グレード別価格と装備品

 

・グレード

  • 【D】 1,350,000円
  • 【D“SAU”】 1,414,800円
  • 【L“SAU”】 1,555,200円
  • 【L“SAU”レジャーエディション“SAU”】 1,598,400円
  • 【Gターボ“SAU”】 1,674,000円
  • 【Gターボ“SAU”レジャーエディション“SAU”】 1,717,200円

 

・装備
【D】、【D“SAU”】
マニュアル型エアコン、キーレスエントリー、紫外線カットフロントガラス、アイドリング停止機能

 

【L“SAU”】、【L“SAU”レジャーエディション“SAU”】
オート型エアコン、キーフリーシステム、紫外線カットフロントガラス、アイドリング停止機能、両面パワースライドドア

 

【Gターボ“SAU”】、【Gターボ“SAU”レジャーエディション“SAU”】
オート型エアコン、キーフリーシステム、紫外線カットフロントガラス、アイドリング停止機能、両面パワースライドドア、レザーカバーステアリング、フォグランプ(LED)

 

※“SAU”は衝突リスクを抑える機能「スマートアシストU」が含まれます
※レジャーエディション選択時は、防汚加工のフロア、荷物固定用フック/ベルト、ルームランプ(LED)がセットになります

 

 

◆ピクシスメガ、どのくらいの値引きが可能?【最新版/

 

ピクシスメガの値引き額は・・・15万円

 

注意点
※車両本体のみ&追加オプションゼロの場合での値です
※弊サイトによる独自リサーチ結果をもとに算出しています
※決算セール品、訳あり品などは対象外としています

 

「ピクシスメガ」の値引き状況を調べてみたところ、地域による偏りは確認できませんでした。

 

地方・都心部による立地条件と値引きとの関連を気にする必要はないようです。

 

そのため、あなたのお住まいの地域がどこであれ、上記の値引き額となるよう交渉を進めてしていきましょう。

 

 

値引きを効率的に得るには、他社が製造している類似の車種と価格競合していく方法が良いと思います。

 

・他社製の車種として、例を挙げると・・・

 

N-BOX(ホンダ)
ウェイク(ダイハツ)
ハスラー(スズキ)

 

と、いった中から選択みましょう。

 

この中で特に価格競合に適しているのは「ダイハツ・ウェイク」といえます。

 

ウェイク、ピクシスメガ、両者はエンブレムが違うだけで中身はほぼ同一のため、価格以外で判断するのが難しいのです。

 

ということで、お近くにダイハツ販売店がある場合は、ウェイクの見積もりを優先して得ておき、ピクシスメガの交渉に活用してみてください。

 

 

◆ピクシスメガ、購入された人たちの最近の契約内容

 

契約例(1)Gターボ“SAU” をご購入
契約者・佐賀県/男性(55歳)
契約時期・2016年12月

 

車両本体価格:1,674,000円
オプション:210,000円

 

車両本体の値引き:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(2010年製造/ダイハツ・ムーヴ):150,000円

 

総額:1,660,957円
※税含む、諸経費込み

 

 

契約例(2)L“SAU” をご購入
契約者・兵庫県/男性(37歳)
契約時期・2016年10月

 

 

車両本体価格:1,555,200円
オプション:420,000円

 

本体に対する値引き額:100,000円
オプションの値引き額:150,000円

 

下取り額(2008年製造/マツダ・AZワゴン):110,000円

 

総額:1,741,357円
※税含む、諸経費込み

 

 

◆「ピクシスメガ」の値引き幅をさらに増やすために、〇〇は必ずチェックしておこう!

 

 

契約例を2つご覧いただきましたが、どちらも値引きはそれなりに良い感じに見えますよね。

 

実は、2例とも「もっと値引きできた可能性が高く、全体的に惜しい契約だった」と当サイトでは判断しています。

 

その根拠にあたるのが「下取り」の部分です。

 

上記契約ではどちらも「軽自動車」をディーラー下取りに用いていますが、この価格に大きな問題がありました。

 

クルマ買取り専門業者に査定を頼む場合と比較すると、その差額はなんと10万円も低くなってしまったのです・・・。

 

「ディーラーは新車の値引き幅を大きく見せるために下取り額を意図的に抑えたのでは?と思われた人もいるでしょう。

 

しかし、下取りに出したクルマが安くなる理由がしっかりとあるのです。

 

もっとも大きな可能性として考えられるのは、「ディーラーに下取りを依頼するとその仕組み上、どうしても査定が低くなってしまう理由がある」ためです。

 

でも、気にする必要はありません。実はディーラー下取り時、査定額をしっかりアップさせる解決法があるのです。

 

下記リンクにて、ディーラーに依頼する下取り価格が低くなる理由や、下取り査定額を大幅に引き上げるためのコツについて解説しています。

 

新車契約を検討されているのなら、この機会に一通り目を通しておきましょう。

 

 

→ 「ピクシスメガ」新車契約時の値引き額を大きく増やしたい方はこちら