ランドクルーザーはこんなに安く買える!〇〇を使った値引き術を公開中

ランドクルーザー、新車の値引き額について【/最新版】

ランドクルーザーはこんなに安く買える!〇〇を使った値引き術を公開中

引用:wikipedia

 

ランドクルーザー(Land Cruiser)は、トヨタ自動車が製造・販売をしているクロスカントリータイプの大型車です。

 

1954年以降、ランドクルーザーの名称が使用され、トヨタの人気車種として長年多くのユーザーから支持されています。

 

 

ランドクルーザー、グレードごとの価格&装備

 

・グレード

  • 『GX』 4,728,437円
  • 『AX』 5,134,909円
  • 『AX - Gセレクション』 5,854,582円
  • 『ZX』 6,825,600円

 

 

・装備
『GX』
オート式エアコン、衝突回避支援パッケージ

 

『AX』
オート式エアコン、衝突回避支援パッケージ、ヘッドランプ(LED)、18インチ/アルミホイール、レザーカバーステアリング

 

『AX - Gセレクション』
オート式エアコン、衝突回避支援パッケージ、ヘッドランプ(LED)、18インチ/アルミホイール、木目調+レザーカバーステアリング(ヒーター機能付)、Kinetic Dynamic Suspension System、VGRS(ギヤ比可変ステアリング)、レザーシート

 

『ZX』
オート式エアコン、衝突回避支援パッケージ、ヘッドランプ(LED)、20インチ/アルミホイール、木目調+レザーカバーステアリング(ヒーター機能付)、4-Wheel AHC&AVS、VGRS(ギヤ比可変ステアリング)、レザーシート、エアロパーツエクステリア

 

 

ランドクルーザー、値引き可能な金額はどのくらい?【/更新版】

 

ランドクルーザー値引き可能な金額は・・・35万円

 

留意点
※クルマ本体のみ購入&オプション無しでの値
※当サイトによる独自のリサーチをもとに算出(年末セール品など除外しています)

 

 

ランドクルーザーの値引きでは、他社製造の近いスペックのクルマと価格競合させていく方法がもっとも無難です。

 

近いスペックのクルマとして例を挙げると、

 

BMW・・・X5
アウディ・・・Q7
ランドローバー・・・レンジローバー
メルセデス・・・GLクラス

 

事前にこのような車種で見積もりを取っておき、その後にランドクルーザーの値引き交渉に臨みましょう。

 

 

ランドクルーザー、最近購入された人の契約内容

 

契約例(1)ZX を購入
契約者・大阪府在住・男性(46歳)
契約時期・2016年8月

 

グレード(ZX):6,825,600円
オプション:350,000円

 

クルマ本体の値引き額:350,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(トヨタ・ハイラックスサーフ ’09年製):1,230,000円

 

税・諸経費込み価格:5,960,917円

 

 

契約例(2)AX を購入
契約者・東京都在住・男性(43歳)
契約時期・2016年10月

 

グレード(AX):5,134,909円
オプション:420,000円

 

クルマ本体の値引き額:350,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(トヨタ・ランドクルーザー ’09年製):2,200,000円

 

税・諸経費込み価格:3,215,626円

 

 

新車値引き額だけでは損する!? お得な契約のためには「〇〇」をしっかりチェックしておこう

 

2つの契約例を上記では紹介していますが、あなたはどのように思いましたか?

 

値引き額はそれなりに満足いく内容にも見えますし、良い契約として解釈している人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかしながら、2つの契約ともに大きなランドクルーザーの値引きのチャンスを逃してしまった残念な内容だったと言わざるを得ません。

 

では、何が残念だったのしょう? その根拠は「下取り額」です。

 

どちらの「下取り額」も、新車契約時のディーラーに依頼しているのですが、本来のクルマの資産価値を大きく下回る評価を付けられてしまいました。

 

なんと、中古車専門の買取業者が行なう査定と比較すると30万円〜50万円のマイナスという結果に・・・。

 

この状況について「ディーラーは新車値引き分を穴埋めしたいがために下取りを意図的に抑えたのでは?」と誤解されがちですが、それが全ての答えではありません。

 

ディーラー下取りは、どうしても査定額が低くなってしまうシステム上の理由があるためです。

 

「査定額が低くなってしまう状況」はどうにかならないのでしょうか? 当サイトではその解決法を心得ているので安心してください。

 

「ディーラーの下取り額が低くなる理由」、「本来、安くなってしまいがちな査定額を大幅にアップさせる秘策」について下記リンク先にて解説しています。

 

ランドクルーザーの契約を検討されているのなら、一通りチェックしてみてください。

 

 

→ トヨタ・ランドクルーザー、値引きをギリギリまでアップさせたい方はこちら