【マツダロードスター値引き額アップ法】値引き交渉時に知っておいてほしい○○とは・・・

◆ロードスターの値引き、最新状況(更新:

【マツダロードスター値引き額アップ法】値引き交渉時に知っておいてほしい○○とは・・・

引用:wikipedia

 

世界のクルマ市場の中で、多くの支持を集めるマツダ製のオープンスポーツカーといえば、ロードスター。

 

2シーター&小型オープンスポーツカーのジャンルで生産台数は世界一。その功績を受けて2000年にはギネス記録となっています。

 

 

◆ロードスターのグレードごとの装備品 & 価格

 

〈S〉・・・エアコン(マニュアル動作)、ヘッドランプ(LED)
2,494,800円

 

〈S スペシャル・パッケージ〉 ・・・エアコン(オート動作)、ヘッドランプ(LED + オート制御)、センターディスプレイ(7インチ液晶)
2,700,000円

 

〈S レザー・パッケージ〉・・・エアコン(オート動作)、ヘッドランプ(LED + オート制御)、センターディスプレイ(7インチ液晶)、インテリア(合成レザー)、サウンドシステム(BOSEオーディオ)
3,034,800円

 

〈RS〉・・・エアコン(オート動作)、ヘッドランプ(LED + オート制御)、センターディスプレイ(7インチ液晶)、インテリア(合成レザー)、サウンドシステム(BOSEオーディオ)、Recaro製シート、ビルシュタイン製ダンパー
3,196,800円

 

◆ロードスターの値引き、目標額は?(更新:

 

ロードスターを買う際に目標とするべき値引き額は?・・ ¥150,000

 

留意点
(1)クルマ本体単体を購入し、追加オプションを付けない場合の値です
(2)当サイトで行ったリサーチ結果によるものです
(3)年度末セール、処分特価品などは計算から除外しています

 

リサーチの結果、ロードスターの値引き額は少ない場所では¥0、最大では¥200,000でした。

 

地域による値引きの差は無いので、お住いの地域によって不利になる可能性は無いと思われます。

 

 

ロードスターを購入する際、値引き幅を手堅くアップするために、他社の類似のクルマを用いて価格比較を行いましょう。

 

一例としては・・・

 

ダイハツ・コペン
スバル・BRZ
トヨタ・86

 

こういったクルマの見積りをいくつか依頼しておき、それを使いながらマツダの販売員に値引き交渉をしてみてください。

 

 

◆ロードスター購入者の契約内容

 

■契約例(1)岡山県にお住まいの男性(54歳)
契約時期;2016年9月

 

〈S スペシャル・パッケージ〉 AT車:2,808,000円
追加オプション購入代金:280,000円

 

車両本体の値引き:150,000円
オプション品の値引き:50,000円

 

トヨタ・カムリ(2010年製)下取り:320,000円

 

2,806,320円(諸経費込みトータル)

 

 

■契約例(2)熊本県にお住まいの男性(44歳)
契約時期;2016年8月

 

〈S スペシャル・パッケージ〉 MT車:2,700,000円
追加オプション購入代金:320,000円

 

クルマ本体の値引き:150,000円
オプション品の値引き:50,000円

 

BMW・Z4(2008年製)下取り:450,000円

 

2,605,620円(諸経費込みトータル)

 

 

◆クルマを買うとき、値引き額だけじゃなく○○もチェックしよう

 

 

ロードスターを購入する際、他社製のスポーツカーとの価格比較をしながら値引き交渉を進めてみましょう、と上記では説明しました。

 

でも、値引き額だけ気にしていると、損してしまうキケンがあります。

 

今回紹介した2つの契約例とも、値引きに関しては良い内容に見えますが、大切な部分を見落としていたせいで、10~20万円ほど損してしまう契約となっています。

 

どこに問題があったのかというと、それは「下取り」です。

 

新車に乗り換えるタイミングで、不要なクルマを手放せるディーラーでの下取りは便利なサービスといえます。

 

が、中古車の買取専門業者が行なう査定額よりも低くなってしまう大きな欠点もあるのです。

 

「下取り査定を低くすることで新車販売時の値引き分を補っている」と思う人もいるでしょう。

 

しかしそうとは限らず、ディーラーに依頼する下取りでは査定額が低くなってしまう理由があるためです。

 

ただし、解決法はあるのでガッカリしなくて大丈夫です。

 

ディーラーでの下取り査定額が低くなる理由や、査定額アップのための秘訣など、当サイトでは紹介しているので、この機会に知っておきましょう。

 

→ 査定額を増やして、ロードスターを安く手に入れる