フレアクロスオーバーを激安購入!〇〇を使った値引き方法を伝授します!

◆フレアクロスオーバー、新車契約時の値引き状況【/最新版】

フレアクロスオーバーを激安購入!〇〇を使った値引き方法を伝授します!

引用:wikipedia

 

フレアクロスオーバーはマツダが販売する、スズキハスラーをベースにした個性的なデザインが特徴の軽トールワゴンです。

 

 

◆フレアクロスオーバー、グレード別価格と装備品

 

・グレード

  • 【XG】 1,338,120円
  • 【XS】 1,472,040円
  • 【XT】 1,558,440円

 

・装備
【XG】
レーダーブレーキサポート、UVカットガラス(前面)、シートヒーター(前面)、アドバンストキーレスエントリーシステム

 

【XS】
ブレーキサポート(デュアルカメラ仕様)、UVカットガラス(前面)、シートヒーター(前面)、アドバンストキーレスエントリーシステム、本革巻きステアリング、アルミホイール(15インチ)

 

【XT】(ターボエンジン搭載)
ブレーキサポート(デュアルカメラ仕様)、UVカットガラス(前面)、シートヒーター(前面)、アドバンストキーレスエントリーシステム、本革巻きステアリング、アルミホイール(15インチ)

 

 

◆フレアクロスオーバー、どのくらいの値引きが可能?【/最新版】

 

フレアクロスオーバー、可能な値引き額は?・・・15万円

 

注意点
※車両本体単体購入(オプションゼロ)での値
※当サイト独自リサーチ結果から算出(決算セール、訳あり品などの特価品は除外しています)

 

 

フレアクロスオーバーの値引きでは、日本全国の販売店による差は見られませんでした。

 

都心・地方による地域差が反映される可能性はないので、あなたのお住いの地域に関係なく、上記の値引き額が得られるように交渉していきましょう。

 

フレアクロスオーバーの値引きを引き出す場合、他メーカーの同タイプのクルマとの価格競合させていく方法がもっとも無難です。

 

・同タイプのクルマの例としては・・・

 

ハスラー(スズキ)
N-ONE(ホンダ)
キャスト(ダイハツ)

 

と、いった上記の中から見積もりを取って、フレアクロスオーバーの交渉時に活用しておきましょう。

 

ちなみに、もっとも価格の競合に適しているのは、スズキ・ハスラーです。
その理由は、フレアクロスオーバーと販売会社が違う以外はほぼ同じスペックで、価格での比較が容易だからです。
最寄りにハスラーを扱うスズキのお店がある場合、他の車種よりも優先して見積もりを得るようにしてみてください。

 

 

◆フレアクロスオーバー、直近の購入例

 

購入例(1)
契約者・兵庫県在住/45歳男性
契約時期・2016年11月

 

グレード(XG)本体価格:1,338,120円
オプション:280,000円

 

クルマ本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(ホンダ・フィット 2009年製造):110,000円

 

総計:1,412,760円
※税金など諸経費含み

 

 

購入例(2)
契約者・秋田県在住/46歳女性
契約時期・2016年12月

 

グレード(XG)本体価格:1,338,120円
オプション:260,000円

 

クルマ本体の値引き額:100,000円
オプションの値引き額:50,000円

 

下取り額(スズキ・ワゴンR 2009年製造):120,000円

 

総計:1,432,760円
※税金など諸経費含み

 

 

◆フレアクロスオーバーの値引き額はさらにアップできる!そのためには何が必要?

 

 

上記の購入例では、値引き交渉がそれなりにうまくいったように見えますよね。

 

しかし、新車購入時の契約は、値引き額に注意を払っているだけでは最終的な契約で損してしまうおそれがあります。

 

実際に、2つのケースともに、フレアクロスオーバーをもっと安く入手できるチャンスがあったと当サイトでは判断しています。

 

新車買い替えを検討している人にとって、注意するべき点・・・それは「下取り額」です。

 

2つ紹介した購入例ともに新車契約したディーラーで下取りを行っているのですが、この部分に問題があったのです。

 

ディーラーによる下取りサービスは、納車のタイミングに合わせて不要になったクルマを処分し、新車購入代金に充てられるメリットがあります。

 

が、新車をできるだけ安く買いたいと考える場合、ディーラー下取りを選択すると「損」する可能性が高いのが現実です。

 

というのも、「ディーラー下取りは、クルマ専門買い取り業者の査定額よりも、高確率で低くなる」ため。

 

「ディーラー側は新車の値引きで損したくないから下取り額をわざと低くしている」とあなたは疑われたかもしれませんね。

 

しかし、ディーラーとしてはシステム上、下取り額を低くせざるを得ないのです。

 

とはいえ、せっかくの新車購入の際はよりお得な契約をしたいと思いますよね? その解決方法は存在します。

 

ディーラー下取りの仕組み、下取り額をアップさせるコツを次ページで解説しているので、ぜひ目を通してみてください。

 

→ フレアクロスオーバーの下取り額を大きくアップさせて、できるだけ安く買いたい方はこちらへ