フィアット500を安く買う!大幅値引きには〇〇をしっかりチェック!

フィアット500、新車購入時の値引き状況【/更新版】

フィアット500を安く買う!大幅値引きには〇〇をしっかりチェック!

引用:wikipedia

 

「フィアット500」は、イタリアの自動車メーカー・フィアットによって製造、販売される、取り回しに優れたコンパクトカーです。

 

車名の「500」はイタリア語のまま、「チンクエチェント」と日本のユーザーの間でも親しまれています。

 

 

フィアット500、それぞれのグレード/装備

 

・グレード

  • 「500 1.2 Pop」 1,998,000円
  • 「500 TwinAir Pop」 2,289,600円
  • 「500 TwinAir Lounge」 2,592,000円

 

 

・装備
「500 1.2 Pop」
マニュアル式エアコン、革ステアリング、ファブリックシート(Pop専用デザイン)

 

「500 TwinAir Pop」
マニュアル式エアコン、革ステアリング、ファブリックシート(Pop専用デザイン)、スマートオルタネーター

 

「500 TwinAir Lounge」
オート式エアコン、革ステアリング、ファブリックシート(Lounge専用デザイン)、スマートオルタネーター、15インチ/アルミホイール

 

 

フィアット500、期待できる値引き額はいくら?【/更新版】

 

フィアット500で期待できる値引き額は・・・20万円

 

備考
※クルマ本体のみ&オプションは一切付けない場合
※当サイトで行ったリサーチ結果をもとに算出
※決算処分品、訳あり特価品といった類は除外

 

 

フィアット500の新車購入時の値引き交渉は、他社製造のスペックの近い車を競合対象にする方法がオススメです。

 

フィアット500に近いクルマの例を挙げると・・・

 

BMW・・・ミニ
アウディ・・・A1
シトロエン・・・C3
ルノー・・・トゥインゴ
フォルクスワーゲン・・・ニュービートル

 

といった中から見積もり依頼を出しておき、フィアット500の販売担当者との交渉で活用してみてください。

 

 

フィアット500を購入した人たちの直近の契約内容

 

契約例(1)滋賀県の男性(43歳)
契約時期・2016年11月

 

(500 TwinAir Lounge)本体価格:2,592,000円
オプション:320,000円

 

本体に対する値引き額:200,000円
オプションの値引き額:100,000円
下取り額(ホンダ・フィット 2011年製):210,000円

 

諸経費込み合計:2,525,562円

 

 

契約例(2)愛知県の女性(42歳)
契約時期・2016年12月

 

(500 TwinAir Pop)本体価格:2,289,600円
オプション:210,000円

 

本体に対する値引き額:200,000円
オプションの値引き額:0円
下取り額(BMW・ミニ 2007年製):230,000円

 

諸経費込み合計:2,381,936円

 

 

「フィアット500」の値引きはまだまだできる!? 「○○」をチェックしてお得な契約をしよう

 

上記の2つの契約例では、どちらとも良い値引き額を得られているように見えます。

 

契約された2名も納得しつつサインをされたとは思います。

 

が、当サイトで全体をチェックしてみたところ、両者ともに「フィアット500」をさらに安く購入できるチャンスを逃してしまっています。

 

どのあたりに問題があったのかというと、それは「下取り額」

 

どちらも新車契約を行ったディーラーで下取りしているのですが、この金額が相場よりも低く、それぞれ約20万円ほどのマイナスに・・・

 

「ディーラーは新車販売時の値引き額で損したくなかったために下取りを意図的に低くした?」と疑われたかもしれませんが、それが全ての問題とは言い切れません。

 

というのも、ディーラー下取りは、どうしても査定額が安くなってしまう「とある理由」が大きく影響するからです。

 

しかし、どうせ新車を購入するのなら、より良い条件で購入したいですよね? 当サイトではその解決方法を提案しています。

 

「ディーラー下取りが高確率で安くなってしまう理由」さらには「ディーラー下取り時の査定額を大幅にアップさせる方法」を下記リンク先で解説していきます。

 

近い将来、「フィアット500」を購入予定の方はぜひ目を通しておきましょう。

 

 

→フィアット500の新車をより良い条件で入手したい方はこちら