ムーヴカスタムはこんなに安く買える!〇〇を使った値引き交渉術とは?

◆ムーヴ カスタム、新車契約時の値引き状況について【最新版・

ムーヴカスタムはこんなに安く買える!〇〇を使った値引き交渉術とは?

引用:wikipedia

 

ムーヴ カスタムは、ダイハツが製造販売している軽サイズの燃費効率の良いトールワゴンです。

 

ムーヴとの基本性能は同じではあるものの、外観・内装がより豪華な内容のモデルです。

 

 

◆ムーヴ カスタム、グレード別価格と装備品

 

・グレード

  • 【X“Special”】 1,350,000円
  • 【X】 1,404,000円
  • 【X“SA U”】 1,468,800円
  • 【X“Hyper SA U”】 1,490,400円
  • 【RS】 1,539,000円
  • 【RS“SA U”】 1,603,800円
  • 【RS“Hyper SA U”】 1,625,400円

 

・装備
【X“Special”】
自動エアコン

 

【X】、【X“SA U”】
自動エアコン、スーパー紫外線&赤外線カットガラス(フロント部)、14インチ/アルミホイール

 

【X“Hyper SA U”】
自動エアコン、スーパー紫外線&赤外線カットガラス(フロント部)、ハイパー専用14インチ/アルミホイール、フロントグリルLEDイルミネーション、レザー風シート(一部本革)

 

 

【RS】、【RS“SA U”】
自動エアコン、スーパー紫外線&赤外線カットガラス(フロント部)、15インチ/アルミホイール、スポーティ仕様サスペンション、本革カバーステアリング

 

【RS “Hyper SA U”】
自動エアコン、スーパー紫外線&赤外線カットガラス(フロント部)、ハイパー専用15インチ/アルミホイール、スポーティ仕様サスペンション、フロントLEDイルミネーション、レザー風シート(一部本革)、本革カバーステアリング

 

※“SA U”グレードでは、スマートアシスト2(自動ブレーキ、車線逸脱防止といった安全機能)が付きます。

 

 

◆ムーヴ カスタム、どのくらいの値引きが可能?【最新版・

 

ムーヴ カスタム、新車購入時に可能な値引き額は・・・15万円

 

注意点
※車両本体のみ&追加オプションゼロの場合での値です
※弊サイトによる独自リサーチ結果をもとに算出しています
※決算セール品、訳あり品などは対象外としています

 

ムーヴ カスタムの値引きに関しては、都市部、地方といった立地条件による差は確認できませんでした。

 

そのため、お住まいの地域を気にする必要もないので、上記の値引き額となるよう交渉を考えていきましょう。

 

 

効率的にムーヴ カスタムの値引きを引き出すには、ライバルメーカーの類似の車種の見積もりを用意しておく方法がもっとも無難です。

 

・ライバルメーカーのクルマとしては・・・

 

スズキ…ワゴンRスティングレー
ホンダ…N-WGNカスタム

 

と、いった車種を扱う販売店で見積もりを依頼しておき、ムーヴ カスタムの交渉時に活用してみてください。

 

こうすることでスムーズな交渉が期待できるはずです。

 

 

◆ムーヴ カスタム、購入された人たちの最近の契約内容

 

契約例(1)RS“Hyper SA U”を購入した男性
契約時期・2016年11月
お住い・鳥取県 
年齢・36歳

 

(RS“Hyper SA U”)グレード本体価格:1,625,400円
オプション:380,000円

 

車両本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き:100,000円

 

下取り額(2008年製・ダイハツ/タントカスタム):200,000円

 

税含む、諸経費込みトータル:1,600,380円

 

 

契約例(2)RS“SA U”を購入した男性
契約時期・2016年11月
お住い・兵庫県 
年齢・35歳

 

(RS“SA U”)グレード本体価格:1,603,800円
オプション:220,000円

 

車両本体の値引き額:150,000円
オプションの値引き:50,000円

 

下取り額(2009年 スズキ/Kei):120,000円

 

税含む、諸経費込みトータル:1,548,680円

 

 

◆ムーヴ カスタムはもっと値引きが期待できる!契約時には〇〇に注意を払おう

 

 

上記の契約例のように、良い条件の値引き額を提示してもらえたと思っても、それで安心してしまうと、契約全体ではマイナスになってしまうかもしれません。

 

実際に2つの例ともに当サイトでは、さらに安くムーヴ カスタムを購入できるチャンスがあったと判断しています。

 

そのもっと良い条件にできた、といえる根拠は「下取り」の部分です。

 

新車の購入を考えるのであれば、必ず「下取り額」について注意を払っておく必要があります。

 

というのも、「ディーラーが提供する下取りサービスを利用した場合、中古車買取り業者による査定よりも高確率で低い評価になってしまう」から。

 

「ディーラーが下取り額を抑えるのは、新車の値引きによる損失を穴埋めしたいからじゃないの?」と誤解されがちですが、問題は別にあります。

 

実はディーラーが提供している下取りサービスは、その仕組み上どうしても低い査定額とせざるを得ないのです。

 

ただし、下取り時の査定額は引き上げるためのコツを当サイトでは紹介しているので大丈夫です。

 

下記ページにて「ディーラー下取りの仕組み」そして「下取り査定額を大幅に引き上げるコツ」を解説しています。

 

近いうちに新車購入を検討されているのでしたら、ぜひ目を通してみてください。

 

→ 下取り査定額を大きくアップさせて、ムーヴ カスタムを賢く購入する方法はこちら